Erik Mongrain - Air Tap!




Fates
Erik Mongrain





もはや鍵盤。

ギター奏法の概念を覆したマイケル・ヘッジス等の影響を受け、ギターを寝かせて使うラップタッピング奏法を生み出した、カナダはモントリオール出身のギタリスト。

繊細で幻想的。この奏法だからこそ奏でることができるメロディが広がる。


Tag Search: erik_mongrain

Velvet Revolver - Set Me Free




コントラバンド
ヴェルヴェット・リヴォルヴァー





"Guns N' Roses"がアクセル・ローズのワンマンバンドと化し、噂だけで一向に新作が出ない状況であった2002年(2008年に14年の歳月経てアルバム『Chinese Democracy』は発売された)、久々のジャム・セッションでかつてのフィーリングを取り戻した元楽器隊のスラッシュ(Gt)、ダフ(Ba)、マット(Dr)の3人は再びバンドをスタートさせた。繋がりのあったデイヴ・クシュナーをギターに迎える中、ヴォーカル探しには時間を費やし、元"Stone Temple Pilots"のスコット・ウェイランドが加入。新たなインスピレーションを得たバンドは瞬く間にアルバムを完成させた。

アルバムに先駆け、映画『ハルク』に提供された初の公式音源。サウンドを進化させながらも彼らの持ち味を生かしたこの曲は、スラッシュのギターに心を躍らせ、ロックの衝動を呼び覚ませる。


Tag Search: velvet_revolver nick_raskulinecz josh_abraham guns_&_roses stone_temple_pilots

Pearl Jam - Black




Ten
Pearl Jam





ワシントン州シアトル出身、グランジ・ロックを代表するバンドの1つ。デビュー作『Ten』は、同時期に発表された"Nirvana"の『Nevermind』が大成功を収めた事により徐々に注目を集め、結果的にモンスターヒットを記録。彼らを含むシアトル勢のグランジはロックの歴史を変える事となった。

パール・ジャムの特徴は、(Vo)エディ・ヴェダーを引き立てる楽曲構成にある。ロック・ヴォーカルに必要なあまたの才能を持った彼の歌声は、往年のハード・ロックを主体としたサウンドに後押しされ、心の奥底を貫いてくる。

ヴェダーはこのアルバムで、人間が持つ闇の部分に焦点を当て歌詞を書き上げている。失恋による重く沈んだ深層心理を詩的に歌い上げた、この名曲を。


Tag Search: pearl_jam rick_parashar

Led Zeppelin - Babe I'm Gonna Leave You




Led Zeppelin
Led Zeppelin





ビートルズを中心にポップカルチャーを担うまでに成長したロックン・ロール。一時代を築いた彼らが終焉を迎えることとなった60年代後半から70年代には、ロックは新たなる展開を見せる。その一つが、このレッド・ツェッペリンが確立させたハード・ロック。

ロック史に刻まれる衝撃の1stより、「静と動」ハード・ロックのダイナミズムが凝縮された1曲。ジミー・ペイジのブルージーなアコースティック・ギター、情熱的に歌い上げるロバート・プラント、サビでの高揚、7分弱という長さも忘れ聴き入ってしまう。(このライヴ映像ではエレクトリック・ギターを使用した、よりラウドな構成となっている)


Tag Search: led_zeppelin jimmy_page robert_plant anne_bredon joan_baez

Living Colour - Cult Of Personality




Vivid
Living Colour





ファンキーかつグルーヴィー。黒人ならではの感性で奏でられるハード・ロック。

NY出身、ギタリストのヴァーノン・リードを中心に結成された彼らは、ストーンズのミック・ジャガーに見出されデビュー。GN'Rと共にストーンズのオープニング・アクトを務めるなど注目を集めた。

キレのあるギターリフを中心に、ヴァーノン・リードの超絶テクに痺れる1曲。パワフルなこの曲のヒットで彼らは「黒いレッド・ツェッペリン」と評された。


Tag Search: living_colour ed_stasium

プロフィール

Author : OGA_Dee

音楽は好きですか?
生粋のインドア派。でも、音に誘われて感情旅行によく出ます。

ブログ内サーチ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク