Common - The Light




Like Water for Chocolate
Common





同郷の仲間達と作り上げた前3作で、シカゴ出身というハンデを押し退け、HipHopシーンにその名を広めたコモン。新たなステージに立った彼が放った、4th『Like Water For Chocolate』。

"Soulquarians"(D'Angelo/?uestlove/James Poyser/Jay Dee)のプロダクションを中心とした今作は、エンジニアの Russell Elevado に Bob Power、ジャズ・トランペッターの Roy Hargrove、ギタリストの Jeff Lee Johnson といったネオ・ソウルのキーマン達をはじめ、The Roots, Kelo, Mos Def, Slum Village, Cee-Lo, Bilal, Jill Scott, Vinia Mojica, Karriem Riggins 等、志を共にする旬のアーティスト達、さらに DJ Premier, Monie Love, MC Lyte 等ベテラン勢、前2作でもお馴染みの Mista Sinista(X-Ecutioners), Lonnie "Pops" Lynn(彼の父親) といった、錚々たるメンバーが集っている。アフロビートの創始者フェラ・クティの子、Femi Kuti を迎えたオープニング・ナンバーから始まるこの作品は、同時期に発表された D'Angelo『Voodoo』 と共に、ブラック・ミュージックの魂が込められた名盤となった。

アルバムのカギを握る Jay Dee プロデュース、Bobby Caldwell - Open Your Eyes をサンプリングしたロマンティックなラヴ・ソング。PVには、当時の恋人であった Erykah Badu が参加している。


http://www.whosampled.com/Common/The-Light/


Tag Search: common jay_dee james_poyser the_soulquarians bobby_caldwell the_detroit_emeralds

Big L - MVP (Summer Smooth Mix)




Lifestylez Ov Da Poor and
Dangerous

Big L






NYハーレム出身、"D.I.T.C."の若き才能ビッグ・Lが放ったクラシック。

アルバム収録のロード・フィネスが手掛けたオリジナル・ヴァージョンは、DeBarge - Stay With Me を下地に、Big Daddy Kane - Just Rhymin' With Biz の声ネタをフックで使用したクールな1曲。

そして、「M.V.P.」といえばこのプロモ・リミックス(アルバム未収録)。Miss Jones をコーラスに迎えメロウに仕上げたこの楽曲は、夏の終わりを感じさせる。


http://www.whosampled.com/Big-L/MVP-(Summer-Smooth-Mix)/


Tag Search: big_l d.i.t.c. c.o.c. lord_finesse debarge big_daddy_kane giovanni_salah miss_jones biz_markie michael_jackson

フジファブリック - 若者のすべて




TEENAGER
フジファブリック





ボーカル/ギターの志村正彦を中心に結成されたバンド。絶頂期とも言える時期に、キーマンであった彼が急逝してしまったが、残されたメンバーはその意志を受け継ぎ、現在も勢力的に活動している。

一風変わったサウンドも魅力的な彼等が放った、正統派バラード。この楽曲においても志村が描く特有の世界観は個性を放ち、淡く切ない想いが胸をよぎる。


Tag Search: fujifabric

新山詩織 - ゆれるユレル




しおり
新山詩織





埼玉県出身、幼少期から父親の影響でロックに傾倒していた彼女は、中学時代にバンド活動を開始。高校に入りストリートライブで経験を積んだ彼女は、大手音楽事務所"ビーイング"が主宰するオーディションで見事グランプリを受賞。翌年に女子高生シンガーソングライターとしてデビューを飾った。

デビューから1年、今年高校を卒業した彼女が完成させた待望のファースト・アルバム。可憐なルックスとは裏腹にハスキーがかったその歌声が、懐かしい響きのあるサウンドと共に放たれる。才能の片鱗を感じさせる、10代ならではの心情を歌ったデビュー曲。


Tag Search: shiori_niiyama masanori_sasaji

明日、照らす - 僕のコートニー・ラブについて




あなた
明日、照らす





ストレート、ポップ、そして抱くエモーション。

愛知県出身、名古屋を拠点に活動する2ピースバンド。ボーカル/ギターの村上友哉が紡ぐ言葉はどこまでも等身大。その時々の感情をリアルに切り抜いた歌を聴いていると、自分自身の経験や想いが胸を駆け巡る。

この楽曲のタイトルに出てくるコートニー・ラブとは、伝説のバンド"Nirvana"のフロントマンであったカート・コバーン(享年27歳)の妻(シンガー/女優)。コートニーのワンピースに、カートのボロボロのジーンズとネルシャツは、当時のグランジ・ファッションを象徴し、所謂若者の憧れであった。


Tag Search: asu_terasu

プロフィール

Author : OGA_Dee

音楽は好きですか?
生粋のインドア派。でも、音に誘われて感情旅行によく出ます。

ブログ内サーチ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク