monolog - A Crack In the Clouds




ONE DAY
monolog





千葉県出身、ボストンを拠点に活動するプロデューサー/マルチ・インストゥルメンタリスト"YUKI KANESAKA(金坂征広)"による単身ユニット。

音楽を通し人との繋がりを大切にしてきた彼が、様々な楽器を手にジャム・セッションを重ねていく"monolog"。HipHopの名曲を再構築し注目を集めたデビュー作『Re:Live - JAZZ meets HIP HOP CLASSICS』以降、勢力的に作品を生み出している彼が、再びJazzに焦点を当てた最新作『ONE DAY』。演奏による温もり、現地で培った生のグルーヴに心躍る1枚。


Tag Search: monolog tope_akin ryan_stanbury

Antonio Loureiro - Reza





Antonio Loureiro





ミナスが生んだ新たな才能。

サンパウロ出身、ミナス・ジェライス連邦大学で音楽を学びキャリアをスタート。ベロ・オリゾンテの偉人トニーニョ・オルタ等大御所をはじめ、新旧様々なアーティストと共演を重ねる彼は、ブラジル音楽を担うシンガーソングライター/マルチ・インストゥルメンタリストとして注目を集めている。

シンガーソングライター、作曲家としての両魅力に惹き込まれる2nd『Só』。ミナスで育んだエッセンスを基に、創造性豊かな音楽が奏でられる。


Tag Search: antonio_loureiro alexandre_andres rafael_martini daniel_santiago sergio_krakowski

Hermeto Pascoal - Slaves Mass (Missa Dos Escravos)

ブラジル音楽界が生んだ鬼才。

手にした楽器を独学で次々と習得し、少年時代からプロの奏者として活躍。そのマルチプレイヤー振りはもとより、驚異の作曲/編曲能力を持って数多の革新的作品を生み出している。






スレイヴス・マス+3
エルメート・パスコアル



故郷ブラジル北東部の民族的サウンド、ジャズにフュージョン、狂気と美しさが混沌とした世界観。アイアート・モレイラ/フローラ・プリム夫妻プロデュースの下、アメリカに渡り制作した3作目のリーダー作『Slaves Mass』。何か儀式が始まった!?別次元に運びこまれる表題曲。


Tag Search: hermeto_pascoal airto_moreira flora_purim ron_carter david_maro raul_de_souza

Alabama Shakes - Gimme All Your Love




Sound & Color
Alabama Shakes





魂を揺さぶるロックン・ロール。

アラバマ州アセンズ出身の4ピースバンド。注目の的となったデビュー作から3年、躍進する彼等が放った2nd『Sound & Color』。

ブルージーかつソウルフル。ブリトニー・ハワードの圧巻の歌声と共に響く、古くて新しいアナログ・サウンドは、ロックにとどまらず、様々な音楽的背景が顔を覗かせる。


Tag Search: alabama_shakes blake_mills

Best Coast - Heaven Sent




California Nights
Best Coast





魅惑のギター・ポップ。

LA出身、Bethany Cosentino(Vo/Gt), Bobb Bruno(Gt/Bs/Key)によるロック・デュオ。

ノスタルジー漂うベサニーの歌声が、夢幻的なギターサウンドに広がる3rd『California Nights』。カリフォルニアの爽やかな風を運ぶ1曲。


Tag Search: best_coast wally_gagel

プロフィール

Author : OGA_Dee

音楽は好きですか?
生粋のインドア派。でも、音に誘われて感情旅行によく出ます。

ブログ内サーチ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク