MALICE MIZER - ヴェル・エール 〜空白の瞬間の中で〜




Merveilles
MALICE MIZER





90年代後期のV系ブームの到来と共に、「ヴィジュアル四天王」と呼ばれカルト的人気を誇ったロック・バンド。

まるで宝塚。ゴスロリ・ファッションの教祖と崇められるリーダーのMana(Gt/Key)を筆頭に、中世ヨーロッパを彷彿させる徹底したイメージ戦略。クラシカルかつ高度な演奏が、他に類を見ない独創性を放つ。

(ヴォーカルを務めたGacktは成功を手にした矢先に失踪。メンバーとの確執を埋められないまま、脱退、ソロ・デビューの道を歩んだ。当時、電話メッセージでファンへ心境を語る彼の震えた声は、今も記憶に残っている。)


Tag Search: malice_mizer

La'cryma Christi - Forest




Dwellers of a Sandcastle
La'cryma Christi





90年代後期に「ヴィジュアル四天王」の一角としてシーンを盛り上げたロック・バンド。

プログレッシブかつピュア。V系屈指のテクニカルな演奏にTAKAのハイトーン・ヴォイスが、異国の風を運んでくる。メジャー・デビュー後にもリメイクされた、インディーズ時代の名曲。


Tag Search: lacryma_christi

PIERROT - トリカゴ




screen
Pierrot





ヴィジュアル・ブームに沸いた90年代後半、ダークな世界観と圧倒的パフォーマンスで異彩を放っていたロック・バンド。

電子ノイズを配したインダストリアルなサウンド、狂気的かつキャッチーなキリトのヴォーカル。インディーズ・ラストシングル『Screen』に収められた、彼等を象徴する1曲。


Tag Search: pierrot

DEAD END - I Can Hear The Rain




shambara[+2]
DEAD END





90年代に羽ばたいて行ったヴィジュアル系バンドのほぼ全てに影響を与え、唯一無二の存在として知られるロック・バンド。

ヘヴィかつダーク。メタル/パンクの攻撃性はそのままに、幻想的な妖しさを深めた3rd『shámbara』。泣きのラスト・ナンバーを。

全文を読む>>

Tag Search: dead_end hajime_okano

X JAPAN - DAHLIA




DAHLIA
X JAPAN





「お化粧系」と言われていたスタイルを世間に認知させ(ヴィジュアル系という言葉は彼等の「ヴィジュアル・ショック」という言葉が起源とされている)、圧巻のパフォーマンスでインパクトを刻んだロック・バンド。

激情と哀愁が心を鷲掴みにする。

メンバー・チェンジ、"X JAPAN "への改名を経て制作を開始。様々な問題が降りかかるも、5年の歳月を掛けて完成させたラスト・アルバム『DAHLIA』。メタリックかつ美しいバンド・サウンド、TOSHIのハイトーン・ヴォイスが、孤高の存在へと導く。

全文を読む>>

Tag Search: x_japan yoshiki

プロフィール

Author : OGA_Dee

音楽は好きですか?
生粋のインドア派。でも、音に誘われて感情旅行によく出ます。

ブログ内サーチ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク