Craig Mack ‎– Flava In Ya Ear




Funk the World
Craig Mack





"Bad Boy"帝国の始まり。

学生のインターンシップとして、アップタウン・レコードでキャリアをスタートさせたショーン・コムズメアリー・J. ブライジ等を送り出すなど、A&R(アーティストの発掘・契約・育成などを行う担当者)/トータル・プロデューサーとしてすぐさま頭角を現した彼は、幹部へと登り詰めるが解雇されてしまう。そんな中、彼の才能を見込んだクライヴ・デイヴィス(アリスタ・レコード社長)の計らいにより、レーベル"Bad Boy Entertainment"は始動した。

ショーン・コムズはA&R時代に着手していた、このクレイグ・マック、ノトーリアス・B.I.G.を立て続けにヒットさせ、レーベルは一躍スターダムにのし上がった。



ショーン・コムズが打ち立てた、"Bad Boy"="Remix"。シングル・リリース後まもなく投入されるリミックスは、オリジナルを上回るほどのクオリティを誇り、大ヒットの要因となっている。

Easy Mo Bee によるファンク・ビートはそのままに、The Notorious B.I.G.、Rampage,、LL Cool JBusta Rhymesと、錚々たるメンバーが集まった豪華リミックス・バージョン。(PVではショーン・コムズをはじめ、Das EFXMic GeronimoIrv Gotti等も姿を表している。)





Tag Search: craig_mack easy_mo_bee sean_puffy_combs chucky_thompson the_notorious_b.i.g. rampage ll_cool_ j busta_rhymes

       

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author : OGA_Dee

音楽は好きですか?
生粋のインドア派。でも、音に誘われて感情旅行によく出ます。

ブログ内サーチ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク