D'Angelo - Untitled (How Does It Feel)




VOODOO
D'ANGELO





"生"の躍動。

Brown Sugar』でブラック・ミュージックに熱いソウルを再び灯したディアンジェロジミ・ヘンドリックスが残したNYの"Electric Lady Studios"に神秘性を感じた彼は、エンジニアのラッセル・エレバード、ドラマーのクエストラヴ(The Roots)と共にジャム・セッションを開始。いつしかそこには様々なアーティストが出入りするようになり、"The Soulquarians"と呼ばれた集合体のホームとなっていった(Bilal/Common/Erykah Badu/James Poyser/J Dilla/Q-Tip/Mos Def/Talib Kweli/Roy Hargrove/Pino Palladino...etc & Jimi the cat)。

先人達のレコード/ライヴ・ビデオを鑑賞し、そのヴァイブをレコーディングへと運ぶ。膨大なスタジオ・セッションの中で、魔法にかけられた瞬間を摘み取り完成させた1枚『Voodoo』。リズムのズレをグルーヴした煙たい揺らぎ、ファルセットを駆使した美しいハーモニーとシャウト。ラファエル・サディークとの共作、彼が敬愛するプリンスへのオマージュを捧げた1曲を。(彼をセックス・シンボルへと押し上げたPVだが、ここで表現しているのはキリスト教の聖霊、及び家族との絆。)


Tag Search: dangelo the_soulquarians raphael_saadiq chalmers_alford

       

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author : OGA_Dee

音楽は好きですか?
生粋のインドア派。でも、音に誘われて感情旅行によく出ます。

ブログ内サーチ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク